2018.06.24 A.I.

人の目の10倍超、画像認識がAIで“機械の目”になる

ディープラーニング(深層学習)の軽量化・高速化が進み、高速画像処理や高速追跡技術と組み合わせられるようになってきました。

例えばサッカーのボールを認識する場合は、深層学習で毎秒500回ボールを確認し、その間はボールらしき画像がフレームに収まるようカメラで追跡し続けるため、追跡対象が隠れてもボールから目を離すことがないそうです。

この技術は、高速で移動する自動運転車や動体撮影で使われていく予定です。

機械の目で、どのような高速体を見てみたいですか?

 

記事引用元:NEWSWITCH

WORLD AI SYSTEM公式LINE@始めました。
おすすめ記事や最新情報をお届けします。
@WorldAISystem