2018.05.21 A.I.

パナソニックと丸井、人工知能(AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験

パナソニック株式会社は、2018年5月17日から20日まで、人工知能AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験を、株式会社丸井グループの協力のもと、福岡県の博多マルイと、東京の北千住マルイにて実施する。

年齢、性別、身体的特徴などを超え、高齢者、障がい者、外国人、LGBTの方々など、全ての顧客が快適に利用できる店舗施設を目指す丸井グループは、株式会社ミライロ(※1)とより良い店舗作りを推進している。

※1 株式会社ミライロ:
障がい者視点を取り入れた障がい者支援の取り組みに実績があり、設備や製品に関するユニバーサルデザインの企画、設計、クリエイティブ制作のほか、ユニバーサルデザインに関する各種情報の収集および提供を行っている。

その一環として、障がいを持つ顧客の来店者数とその利用実態を把握するために、パナソニックのセキュリティカメラおよび新しいAI技術を用いて調査を行い、その有用性を検証する。

同実証実験では、博多マルイと北千住マルイにおいて、車いす利用者のアクセスが多いと予想されるそれぞれの店舗出入口にセキュリティカメラを設置し、入退店の様子を撮影。録画画像からAIを搭載した物体認識技術を用いて、(1)車いす/ベビーカー/白杖の検知、(2)人物検知による年齢・性別の推定を自動カウントする。

検知結果と目視で確認・カウントした結果を照合し、対象物以外を検知する「誤検知」と、対象物を検知しない「未検知」について、精度評価を行う。

(記事引用元:lotNEWS.JP