2018.04.29 A.I.

ジュエリー業界に変化の訪れ ケイ・ウノ、AIがダイヤモンドを鑑定

ジュエリー業界もAIを活用するニュースが報道されました。
どのような内容かというと、AIがダイヤモンドを鑑定するそうです。
人が行う鑑定より、AIの方がやはり性能がよくなるのでしょうか。
もしそうであれば、宝石が今後さらに美しく世に出されるかもしれません。

 

「イスラエルのダイヤモンド鑑定システム大手、
サリネ・テクノロジー社の日本総代理店であるAP社(東京・台東)と組む。
AI鑑定したダイヤモンド約50個を販売している。
現在全国に35店舗あるケイ・ウノの店舗全店で取り扱う。」

 

「販売するAI鑑定のダイヤモンドは売れ筋の0.2~0.3カラットを中心にした。
AIによる鑑定を行ったダイヤモンドには、
宝石鑑定の専門機関である中央宝石研究所(同)が発行する鑑定書のほかに、
サリネ・テクノロジー社が発行する紙と電子の鑑定書を発行する。
電子の鑑定書はスマートフォン(スマホ)やタブレットで確認できる。」

 

手軽に鑑定内容も鑑定することができるようです。
今までの宝石の輝き方に変化をもたらしてくれるかもしれませんね。

 

(記事引用元:日本経済新聞

 

 

WORLD AI SYSTEM公式LINE@始めました。
おすすめ記事や最新情報をお届けします。
@WorldAISystem