2018.03.11 A.I.

富士通が実証実験、AIが視線で客の心理を推定

AIが接客の視点でも活用されることになりそうです。富士通よりとある実験をするというニュースが上げられました。

 

『富士通は3月6日、来店客の視線からAI(人工知能)で心理を推定し、接客業務を支援する実証実験を、「洋服の青山 福山本店」および「洋服の青山 池袋東口総本店」で、4月6日から4月27日の期間で実施すると発表した。』

 

AIが接客業務に携わるとのことです。どのような実験をされるのでしょうか。

 

『今回の実証実験では、店舗のマネキンコーナーに視線センサーを設置し、来店客の視線を検知、富士通研究所独自の心理分析AI技術により、視線の動き(位置、特定領域にとどまった時間、順番など)からマネキンが着用する商品への来店客の関心や迷いを推定する。これにより、来店客の関心に応じて商品の付加情報をマネキンの脇に設置されたスクリーンに関連商品の情報を表示するなど、新たな顧客体験を提供する。』

 

相手の心理を推測して提供してくれるんですね。このAIが推定した来店客の関心や迷いに基づく関連商品を店員のモバイル端末へリアルタイムに通知されていくようです。店員さんも顧客情報を管理していくのに大変便利になりますね。

 

今回この実験を行う富士通でも、このような来店客の心理分析結果と店員による接客履歴を蓄積することで、商品の展示効果の定量的な検証や来店客の潜在ニーズを可視化させていったり、接客ノウハウの共有などへの展開を期待しているようです。

 

本人が無意識に迷っていることもAIが察知していくれて提供していただけるのでしょうか。もしそうなったら、従来の接客に変化が訪れることになりますね。実現したらより便利なサービスをAIが構築していきそうですね。

 

(記事引用元:マイナビニュース

WORLD AI SYSTEM公式LINE@始めました。
おすすめ記事や最新情報をお届けします。
@WorldAISystem