2018.01.26 A.I.

部下に朗報??人工知能が中間管理職の仕事を奪う可能性

人工知能(AI)のテクノロジーによって、日本に限らず世界各地で仕事の役割が奪われつつあるようだが、新たに人からAIに取って代わる可能性の役職が浮上してきたようです。

 

これからご紹介する本ニュース記事では、「中間管理職」の未来は不透明であることを記述されております。

 

“米Pegasystemsが世界各地で主要業種の企業幹部845人を対象に実施した調査によると、回答者の72%は、AIやロボット技術の利用が増えることによって、多くの企業や組織の中間管理者が今後10年間で激減すると考えている。”

 

中間管理職の人々にとってはこのような調査結果をどう捉えるのでしょうか。おそらく、当人たちにとっては悪い知らせとして捉えられるかもしれませんが、AIの支援によって部下社員たちが十分な情報に基づく決定を下せるようになるとの認識を示していると言えるようです。

 

また、そのほか品質管理、スケジューリング、作業調整など、多種多様な管理業務にAIを導入することは、今後5年間で標準的なことになると企業幹部らは見ているのですが、それだけの可能性以上のものが10年以内に得られるとの調査結果となりました。

 

“回答者の91%は、チーム間や組織間のコラボレーションのビジネスチャンスを見つける新たな機会が、高度なアナリティクスによって10年以内に得られると考えている。57%は、それが5年以内に起きると見込んでいる」と調査結果にはある。”

“回答者の71%は、オペレーション改善の機会を見極める用途で今後5年以内にAIが一般的に使われるようになるとの認識を示した。”

 

能力重視の労働力AIが広く利用されることで、より透明性の高い能力主義が職場に生じるとの認識を示した回答者は3分の2という全体の半数以上の結果となりました。 

これらの調査結果から、AIをどう活用していくかに人々が考えていくべきてあることが感じられますね。

 

(記事引用元:CIO