2018.01.08 A.I.

宇都宮市が移住者を増やすためAI(人工知能)で移住者相談 アプリを作る

栃木県の宇都宮市が、12月22日より移住者を増やすため「AI(人工知能)が質問に回答する」という、スマートフォン向けのアプリ配信を開始しました。

このアプリには、人口や気候など宇都宮市内の基本的な情報が紹介されており、さらにAI(人工知能)が利用者の疑問に答える機能も備えられています。

AI(人工知能)が寄せられた質問の中からキーワードを読み取り、東京圏からのアクセスをはじめ、移住に必要な仕事や住まい、子育て、生活に密接に関わるテーマについても自動的に返信を行います。

現在このアプリはアンドロイドの端末向けですが、今月上旬には、iPhoneにも対応するそうです。

(タブレット端末でも利用できます。)

今のところ、このような移住・定住のためのアプリは珍しいみたいですね。

観光、レジャーについても情報が出ているようなので、宇都宮を知る良いきっかけになりそうです。

宇都宮市の移住・定住相談窓口の鱒渕智也さんは、「宇都宮のさまざまな情報を気軽に知ってもらえるよう作成したので、ぜひアプリを使って移住を検討してほしい」と話していました。

WORLD AI SYSTEM公式LINE@始めました。
おすすめ記事や最新情報をお届けします。
@WorldAISystem